生きる術のなんちゃってぶろぐ。

生きる術です。毎日の暮らしの中で気付いたことをメモ的に書いていきます。仲良くしてあげると喜びます。

なんか、やる気が出なくてどうしたらいいのかわからない人へ。

 
 

なんだかやる気が出ないな〜、とか、頑張ったけどもうだめだ…。なんて感じてしまうことってあるよね!今日はやる気がなかなか起きずに行動が止まってしまう時の対処法についていろいろ考えてみたよ!

 

 

 なんだか最近やる気が出ないな…。 

 

仕事でもなんでも「よっしゃ、頑張るぞ〜」と思った時に限って、空回って結果が出ず、嫌になってしまうことって、よくある。

 

かと言って、「わかった!肩の力を抜けばいいんだ」とか思ってしばらくやってても、なんだか同じことの繰り返しで進んでいる感が全然感じられない、ってこともよくある。

 

そんな時「なんなの!結局、じゃあどうすればいいの!」って単一思考に落ちいってしまうこともあるけど、そうじゃない。

 

結局人生は究極のアナログで、何か一つの物事に留まっていることってできないんだなぁ、と痛感。

 

『目標は高く持て』

 

という言葉はよく言われる言葉だけれども。そこばかり見ていて、今の自分の環境と見比べてみると嫌になって「もう、全部終わりだー!」なんてカンジに最高の自己嫌悪モードに突入してしまうことって、ある。

 

かと言って、

 

『ありのままの自分を受け入れること』は大事だけど、ずっとやり続けていると、何か推進力を感じない部分もイナメナイ、ってことも。

 

そしてまた、

 

『結局、どうすりゃいいの?!』

 

のループに入ってしまう。

 

(まぁ、「答え」を常に探しているのが僕たちなのかなぁ、とも思うが…。)

 

そんな時に「目標設定の大事さ」を改めて、痛感する。

 

高い目標の"方向性"はそのままで、実際行動する時は自分より「少し上」を目指していく。どこまでそれを上手く自分に課してやることができるか、が大事なんだな、と思う。

 

 なんか、『馬の目の前にニンジンをぶら下げて走らせる』っていうのに似てるのかもしれない。

 

しかし、馬でも猿でもそうだが「今の自分でこのエサは手に入らない」と思った時点で、追うこと自体をやめてしまう。

 

あくまでもエサをぶら下げるのは"作業の効率を上げるため"決して『お預け精神』の根性を鍛えるためなどではない。

 

(そのサイドの人も、もちろんいるけど…僕的にはそうではない。)

 

なので、「手に入りそう」と思わせるために、たまにはエサを食べさせてやることも必要ってこと。

 

とにかく、僕たちのやるべきことは、高い目標と、少し上の目標と、今の自分を、"繋いでいく作業"。つまり、それ。

 

つまり『自分のサクセスストーリーを頭の中に描いていく』ということが大事なんだなと思う。

 

そして、実際に行動をする時は「今手に入りそうな、目の前のニンジンを追いかける」を心掛ける。

 

そして、1個ずつでイイから変えていく。コンスタントに、でも確実に"一歩ずつ"、変えていく。

 

そのために、たまには少しの我慢をすることも必要。コツとしては調子がいいからといって、あまり「踏み込み過ぎない」。

 

 作業が捗れば、ノンストレスでスムーズに仕事を進められる。そして、その快適感みたいなのが結果も生み出す。

 

「正のスパイラル」を生み出していけるのが一番いい。おすすめ。

 


おわり